保存療法に注目|怖い病気の下肢静脈瘤は早めに予防~方法や原因を知る~

下肢静脈瘤の治療方法はひとつじゃない|効果的な保存療法

保存療法に注目

足

軽い症状であれば下肢静脈瘤も保存的治療で治る!

下肢静脈瘤の治療法には複数あり、まだ症状が軽い段階であれば手術以外の治療法があります。弾性ストッキングという医療用のストッキングで下肢静脈瘤を圧迫し、血液が溜まるのを防ぐ保存療法と呼ばれる方法です。下肢静脈瘤は血液が長期間溜まることで発症するものですから、それを外側からの圧力によっておさえ進行を抑えます。同時に、日常生活で立ち仕事を少なくしたり、休憩時間に足踏みなどの運動をする、寝る時に足を高くするなどの注意点もありますが、手術に比べると毎日ストッキングをはくだけで良いため気軽に始められるのが特徴です。

伏在型であれば「ストリッピング手術」「レーザー治療」が必要になる

こぶが膨れて目に見える状態まで進行した伏在型の下肢静脈瘤になると、直接症状が現れた静脈を取り除くストリッピング手術や、血管内レーザーで逆流している静脈を焼灼して塞ぐレーザー治療が必要になります。ストリッピング手術は古くから行われてきた手術で、以前は全身麻酔などで数日の入院が必要でしたが現在では局所麻酔で日帰り手術が行える場合もあります。一方、レーザー治療は最先端技術を使っており、細いレーザーファイバーを静脈に挿入して治療を行えるため、体への負担がほとんどありません。ただし、患部の静脈のサイズや状態によって施術できない場合があります。どちらも再発率が極めて低い方法です。

血管内治療も人気!保険適用治療なので安心

伏在型の下肢静脈瘤の治療法の中でも人気なのが、レーザー治療をはじめとする血管内治療です。ストリッピング手術が静脈を抜き取るために2か所切除しなければいけないのに対し、細いカテーテルを血管に挿入する血管内治療は膝の裏から細い針を挿入するだけで済みます。手術にかかる時間が少なく傷跡が小さいことや、術後の回復が早いことから急速に広まりました。とくにレーザー治療は保険適用で安く治療できるため人気です。他にも、血管内治療には最新型のレーザーや高周波によるものがあり、痛みの軽減や体への負担を最小限に抑えるため日々進歩しています。

クリニック選びのコツBEST3

no.1

下肢静脈瘤の疑いがあるなら専門のクリニックへ

下肢静脈瘤は色素沈着や見た目の症状から、皮膚の病気だと勘違いされてしまうケースも少なくありません。見当違いの治療を続けて下肢静脈瘤が進行してしまったということのないように、疑いがあるなら下肢静脈瘤を専門とするクリニックへ行くようにしましょう。

no.2

自費診療と保険診療が選べるクリニックを

下肢静脈瘤は新しい治療法が増えていますから、そのメリットを享受するためにも自費診療と保険診療から好きな方を選べるクリニックを選びましょう。事前に保険診療でいいと思っていても、自分の病状や治療法について詳しく聞いて気が変わるかもしれません。

no.3

手術よりも検査を重視するクリニックの方が安心

下肢静脈瘤専門のクリニックと言っても、ホームページなどを確認すると手術専門となっていることがあります。下肢静脈瘤と間違えられやすい病気もありますから、きちんと検査してくれるクリニックの方が安心です。いくつかのクリニックに行き、説明がわかりやすく相談しやすいところを選びましょう。

「下肢静脈瘤」はこうやって治す!診察から治療完了までの流れ

問診票を記入してからエコー検査を受ける

初診当日はまず問診票を記入します。内容は、現在の服薬状況や過去の病歴・手術歴、自覚症状にどんなものがあるかなどです。服用している薬によっては手術に影響があるので、現在服用している薬をすべて持っていくのもいいでしょう。その後、エコー検査で下肢静脈瘤の状態を確認します。検査用の服に着替え、立ったまま脚の付け根から足首までを検査します。

病状や治療法について説明を受ける

診察室でエコー検査の結果について詳しい説明があります。病状はどの程度なのか、治療法にはどんなものがあるのか説明されるので、分からないことがあればその都度質問をしておくのがお勧めです。症状が軽い場合は、弾性ストッキングの使い方や日常生活で気をつけなければならないことを説明されます。この場合は定期的な検査が必要になるでしょう。

下肢静脈瘤と診断された場合は術前検査がある

手術が必要だと判断された場合、さらに血液検査や心電図などの術前検査を行います。日を改めて行う場合もありますが、検査についての説明はその日のうちに行われるでしょう。また、手術や麻酔についての詳しい説明や、手術日の決定、当日の注意点などの説明があります。下肢静脈瘤の状態によって、血管内治療かストリッピング手術かが変わってきます。

手術当日の流れ

手術当日はまず血圧測定を行い、手術着に着替えてエコー検査を行いながら手術部位にマジックなどで印をつけていきます。その後、移動して手術台に横たわり、点滴や心電図、モニターなどをつけ、麻酔がかかったことを確認してから手術開始です。手術後は麻酔が覚めるまで待ち、弾力包帯を巻いて回復室で30分から1時間ほど過ごした後、手術後の説明を受けてから帰宅します。

手術後に注意すること

手術当日は入浴を控え、髪などを洗う程度にします。飲酒は痛みを増す可能性があるので術後2週間ほどは控えるようにしてください。運動については激しいものでなければ翌日からでも大丈夫です。とくにレーザー治療の場合は血栓予防のためにも積極的に動きましょう。術後に巻いた弾力包帯は翌日か翌々日に来院して外し、その後は1か月ほど弾性ストッキングを着用します。

広告募集中