口コミをチェック|怖い病気の下肢静脈瘤は早めに予防~方法や原因を知る~

下肢静脈瘤の解消に最適な口コミ情報を拾っていこう

手術をした人が語る!下肢静脈瘤の真実

早めの対処が不可欠だと思いました

入院していた病院の担当医師と相談して、かなり悩みましたが思い切って下肢静脈瘤の手術を決断しました。手術の結果は良好で、下肢静脈瘤の症状が大幅に改善しました。このような経験から、下肢静脈瘤は早めの対処が不可欠だと思いました。

口コミをチェック

マッサージ

人によって下肢静脈瘤の出方が違う!

下肢静脈瘤は下肢の血液がうまく心臓へと送り返せなくなり起こる病気です。下肢の血液は筋ポンプと送った血液が逆流しないように静脈に弁を備えることで、血液を心臓に送り返しています。この静脈弁が壊れてしまうことで、静脈に血液がたまり瘤のようになってしまうのが静脈瘤です。この静脈瘤にはいくつかタイプがあります。赤や青や紫色の細かい模様のように血管が出ている静脈瘤は、網目状静脈瘤やクモの巣状静脈瘤と言われています。もう少し太く血管がくっきり青く浮き出る側枝型静脈瘤というものもあります。これらのタイプは重症化のリスクは低いタイプといわれています。注意が必要なのは伏在型と呼ばれる表在静脈で最も太い血管で起こる静脈瘤です。大伏在静脈と小伏在静脈とあり、どちらでも起こります。ほかのタイプと比べ瘤がぼこぼこと大きく目立ち、むくみやだるさを伴うのが特徴です。

「弾性ストッキング」で予防することが可能

下肢静脈瘤は一度発症すると自然治癒することはありません。壊れてしまった下肢の静脈の弁を作り直すことはできませんが、送り返すポンプ役の筋肉のサポートは可能です。予防対策として血流をよくするように、マッサージや運動ももちろん効果的です。それとは別に、「弾性ストッキング」もまた効果的な対策の一つです。「弾性ストッキング」は下肢静脈瘤の原因である筋ポンプをサポートをしてくれます。発症後は進行を防ぐのにも効果的で、術後のケアにも使われます。「弾性ストッキング」は足首から段階的に圧力が弱くなる構造になっていて、足の血液を心臓へと送り返すよう設計されています。医療用も市販品も同じ機能ですが、医療用の方が締め付けはきつく、病院でしか手に入りません。また、締め付けがきついので、履くのが大変だったり、かぶれなどを起こす場合もあるので、使用上には注意が必要です。

広告募集中